犬なのに、お散歩が嫌い!?どうすれば行けるようになるの?(中編)

元保護犬アポロ
dav

前編に引き続き、お散歩ができるようになるまでの苦労や葛藤をまとめます。

上の写真は、最近のお散歩の様子です。こんなに生き生きとお散歩ができるようになりましたよ!諦めなくて、本当によかったヽ(^o^)丿

不安に襲われる

「こんなに外を怖がっているのに、まだ続けたほうがいいのかな?」という疑問が湧いてきました。もしかして、この子はお散歩に行かないほうが幸せなんじゃないか…。

一緒にお散歩に行くのが夢だけど…。私の心も折れかかってきました。

その時「困ったことがあったら、何でも相談してくださいね」というシェルターのお姉さんの声を思い出しました。「それは、今!」ということで、早速メールで相談してみることに。

そっと背中をおしてくれた!

後日、シェルターの方よりとっても温かい返信がありました。アドバイスが参考になりましたし、何より「お散歩の練習は続けたほうがいい」と言っていただき、気持ちが軽くなりました(´▽`)

散歩の苦手な犬へ…いただいたアドバイス

「何が怖いのかを見極めてあげるとよい」地面の感触(芝生はOK、アスファルトはNGなど)、車、自転車、通行人、風、リード・首輪など

「体感する新しい刺激を1~2つに絞ってあげる」家の中でリードをつける練習をする、抱っこして車の音を聞かせるなど

「理解して怖くないと思うのには時間を要するので、気長なお付き合いを」

「生後5ヵ月は順応性も比較的高い時期。お散歩の練習は続けたほうがよい」

少しずつ「嬉しい変化」

ちょうどこのお返事をいただいたころから、アポロが少しずつ外を楽しんでいるような気がしてきました。「お庭」と聞いただけでお漏らししていたのに、全く漏らさなくなったのです!

さらに、少し後になると、自分から庭に出てくるまでになりました。この時は本当に嬉しかったですね~(*´▽`*)

ハーネスを試してみよう

まずは家の中で練習

ついに、庭では歩けるようになりました!でも、リードをつけるとその場にぺちゃんこに潰れて動けなくなります。

うーん、首輪+リードだと、首が引っ張られて嫌なのかなぁ。「じゃあ、ハーネスを試してみようか!」色々調べて、足を上げずに頭から被るタイプのハーネスを購入。

まずは家の中でハーネスをつけてみたら、慌ててクレートに戻った!とりあえず歩けるみたいでよかったです(^^;

庭で過ごす練習と並行して、家の中ではたまにハーネスをつける練習も。とはいえ、ほぼクレートの中で寝ていましたけどね。「つけている」だけでオッケー、頑張ってる!

いつもとは違う環境

ある日の夕方、子供たちの本を返却しに図書館に行くことになりました。その時に、なぜかふと「アポロも連れて行こう」と思い立ったのです!

4人と1匹で車に乗り込み図書館へ。アポロは車に乗るのはわりと得意なのです。目指すは、図書館横にある遊歩道だ!2人は本を返しに行き、残りの2人でアポロを抱っこして遊歩道へ行ってみました。

すると、なんかいつもと雰囲気が違う?いつもならすぐにぺちゃんと潰れてしまうのに、ちゃんと立ってるー!しかも周囲の匂いをクンクン。いろんなワンコの匂いがしたのかな?

歩いたーーーー!

そして、ついに!!待ちに待った「一歩」を踏み出したのでしたヽ(^o^)丿一歩が出たら、どんどん歩けるようになりましたよ。あまりの変貌ぶりに、違う犬かと思った笑

本を返した2人もすぐに合流。

「すごい!!歩いてるーー( ゚Д゚)」

みんな大興奮です。少し離れて名前を読んだり、代わるがわるリードを持ったり、それはもう大忙し。こんなに感動したのはいつぶりかな、涙出そう。

結局、「首輪、ハーネス+リード」をつけて、外を歩くことができたのでした(∩´∀`)∩

▼まだ、続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました